【大急ぎ解説】《サイバー・ドラゴン・ネクステア》効果判明!!爆アドカードGETでサイドラ環境入か?!

この記事の所要時間: 527
サイバー・ドラゴン・ネクステア 星1 光属性
機械族 ATK/200 DEF/200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
③:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

はいつよい。これは圧倒的に強いです。

効果は3つありますが、1つ目の効果がサイドラ系カードに共通する効果なので、実質は残りの2つがこのカードの効果ということになります。

運用方針はいろいろと考えられますが、まず第1に思いつくのは手札から本家サイバー・ドラゴンをコストに手札からこのカードを特殊召喚し、サイバー・ドラゴンを蘇生するというシンプルな動きです。手札消費がなく、盤面アドを2追加できるというのは強いとしか言いようがないくらい強いです(語彙力)

サイドラ関連のカードで具体的な蘇生対象となるのは

  • サイバー・ドラゴン
  • サイバー・ツイン・ドラゴン
  • サイバー・ドラゴン・ノヴァ
  • サイバー・ドラゴン・インフィニティ
  • サイバー・ドラゴン・ズィーガー
  • キメラテック・ランページ・ドラゴン

などです。どれも強力なカードですが、特にランページは大きなアドにつながるカードでもあるのでぜひ使って行きたいところ。ツインなどの用途が減少傾向にあったカードにも光が当たる強化となっています。

蘇生対象を単純なカード1枚として考える場合は、リンク召喚につなげて《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》につなげてもいいですし、《サイバー・ドラゴン・ドライ》を通常召喚してこのカードのレベルを5にし、ノヴァを2体並べるなどと言った動きも可能。汎用性の高い効果となっています。

またこのカードを手札から特殊召喚しておいてあえて蘇生効果を使用せず、墓地にサイバー・ドラゴンを送り込んで《サイバー・リペア・プラント》の発動条件を満たすという用途にも使えます。能動的に使える手札を捨てるカードはサイバーとしては望むところだったと思うので、その点でもこのカードは有用なカードと言えるでしょう。

さらに、蘇生効果によって適用される特殊召喚制限が「この効果の発動後」となっている点も高評価です。このカードの特殊召喚だけ行って効果を使用しないムーブをするとすると、このカードを素材に《リンクリボー》をリンク召喚してメインゾーンにエクストラからカードを持ってこれる盤面を整えた上でノヴァの効果でこのカードを組成し、墓地から本家サイドラなどを蘇生、などと言った動きも可能です。一見意味がない行動にも見えますがメインゾーンにエクストラのカードを出せるというのは連続展開型のサイドラのようなデッキに取ってはそれだけでも十分なメリットとなるので見逃せない点だと思います。

さらにさらにさらに、このカードは自発的に特殊召喚が可能なので、手札事故気味になったとしても手札誘発を通常召喚してこのカードを特殊召喚、強引に《水晶機巧-ハリファイバー》につなげるということも可能です。

無論《機械複製術》にも対応しておりメインデッキからサイバー・ドラゴンを呼び出すことも可能。《ワンチャン》対応で最近需要が高まっている《エフェクト・ヴェーラー》をサーチしたり、逆にヴェーラーをNSして《ワンチャン》発動、このカードをサーチするなども可能。

総じて、【サイバー・ドラゴン】の強化を締めくくる(希望的観測)にふさわしい、超強力なパワーカードといえると思います。かなり高い確率で3枚積みが推奨となりますし、後述するように汎用性にも優れたカードなので、今月もVジャンプは飛ぶように売れることでしょう。

さてつづきまして、このカードの汎用性を考えて行きたいと思います。

サイドラで使えるカードも紹介することになりますのでサイドラ使いの方もこのままお付き合いください。

このカードは手札コストを支払って自発的に特殊召喚が可能な上、墓地からのカードの蘇生も可能と、非常に強力な効果を持っています。サイドラ以外のデッキでも採用しない手は無いでしょう。

と、言うわけで、まずはこちらを御覧ください

機械族で攻撃力2100のカード↓

機械族守備力2100のカード↓

遊戯王カード検索さんで、このカードで蘇生できるカードをリストアップしてみました。

システムの都合上2100以外のカードも含まれていますが、攻守の低い順にソートしているので全てチェックしていただけると思います。

いろいろなカードがありましたが、圧倒的に目を引いたのがこいつ。

まずいでしょ(確信)

たしかに多種族デッキになりがちな召喚獣において、召喚制限がつくことがネックに鳴りうるのは間違いありませんが、例えば【召喚ABC】【召喚閃刀】などはと言えば、機械族主体であることもあってネックは無いも同然。メルカパー蘇生からカガリを出そうがハヤテを出そうがアサルトドラゴンバスタードラゴンバスターを出そうが自由です。相手は帰ってきたメルカパーの恐怖だけを堪能することできます。

また《召喚師アレイスター》を通常召喚したあとネクスティアを特殊召喚することで2体でリンクして《暴走召喚師アレイスター》につなげることもできます。ハンドの消費こそネックですが非常に有用な動きであることに間違いはありません。

以上の要素から考えて、今後の環境ではサイバーのみならず【ABC召喚獣】や【召喚閃刀姫】などのデッキが強化されてくることは間違いないと思います。

以上でネクスティアの紹介記事は終わり!20日は書店へ急げ!!!

トップへ戻る